うちぬき石彫公開制作2018作家決定

2017「うちぬき21プロジェクト」公募による
◆石彫公開制作 4月7日(土)~5月6日(日)
◆制作場所 西条市丹原文化会館
 
【作家決定】
cinsusanna

Participate Artist 2018

チン スザンナ氏(スイス)

Cinzia Susanna [Ticino- Suisse]
www.cinziasusanna.com

- Proposal – 提案

水は命 – プロジェクトうちぬき 21
芸術と文化 – 2018
私の模型は2つの開口部を持つ1滴の水から成り立っています、けれども二つのパーツの間にはコミュニケーションはありません。1カ月の制作時間のために私は次のサイズの作品を考えました。
:180cm x 100cm × 100cm
私は、あなたたちが私のプロジェクトを楽しみ、そして私がそれを大きなサイズで実現していくことを楽しんでいただけたらと思います。彫刻家としての私の作品をより評価していただくために、あなたたちは私のウエブサイトで最近の私の作品を見ることができます。www.cinziasusanna.com
大変ありがとうございます。 チン スザンナ

Water is life – project Uchinuki 21
art and cultur – 2018
My model consist of a drop of water with two openings but without communication between the two parts.
For the work of a month I thought about the following measures:180cm x 100cm x 100 cm
I hope you enjoy my project and that I can do it on a larger size.
To better evaluate my work as a sculptor you can see my last works on the page: www.cinziasusanna.com
Thank you so much. Cinzia Susanna

Water is life Water is life


1975 年にスイス、ティチーノ州で生まれ、1995 年ルガーノの高等芸術大学に進学し、2000年 ミラノの芸術のアカデミーに進学。
2015 年にイタリア、カララに移住。現在、滞在および作品制作中
チン スザンナの念入りに形作られたすべてのプロジェクトにおいて、私たちは常に不立文字を具現化する試みを見いだすことができます。彼女の彫刻は常に反対側に関係し、活性化させます。 厳密で正確な、陰影に包まれたフォルムは、非常に透明な広大さでの中で物質が影を作り、それはちょうど知覚可能になる瞬間に再び見えなくなる変化をすることを明らかに示してくれます。
ルカ マリア ベンチュリー、美術史家、評論家

◆個展
2017 – 個展、Mecrì美術館、Locarnoによるカタログ執筆、スイス
2015 – 個展、ARNER銀行、ルガーノ
2015 – 個展、テーマ ”Face-leaf“、Inauenギャラリー、メンドリシオ
2013 – 個展、”Deep-art”ギャラリー、ルガーノ
2009 – 個展、”Mosaico”ギャラリ、キアッソ
2005 – 個展、アートスペース”Torchio”、バレルナ

◆グループ展
2017 – ギャラリー”Quarta”での招待と展覧会、アスコナ
2017 – 画家Dario・Traversiと共にRiva San Vitale市庁舎で展覧会、カタログ出版
2011 – “The dream of fly”をテーマとするグループ展、ウェッチンゲン

◆アートインレジデンス
2016 – アートインレジデンス プログラム、AZB、Arbeitsgemeinschaft Zürcher Bildhauer、チューリッヒ
2004 – Landis&Gyr財団給付金による、最後の個展によるZugo におけるアーティストインレジデンス ・ プログラム
2003 – Sobo-Badé における芸術センターでの滞在制作に対してUnesco-Aschberg賞金を授与される

◆シンポジウムと受賞
2016-7 Kömürcüoğlu国際彫刻シンポジウム、デニズリ、トルコ
2015-6 “70 yeahr Peace”をテーマとしたシンポジウム、Lasa、イタリア
2009 – Concourse Rotary、自転車選手権のために開催された“Fresch water”彫刻で2等賞受賞と作品設置。


Born in Ticino, Switzerland in 1975, attended the High college for Fine Arts (1995) in Lugano and then the Academy of fine Arts of Milan (2000). In 2015 she moved to Carrara in Italy, where she lives and works.
In every project of Cinzia Susanna’s plastic elaboration, we always find the attempt to embody ineffability.
Her sculpture involves and activates opposites: strict e exactness, shadowy forms, in a very transparent
spaciousness, where substance shades off in a light without boundary lines, where invisible shows herself in real things, which reveal invisible changing again just in the moment of its becoming perceptible.
Luca Maria Venturi, Art Historian and Critic

◆Selected personal exhibitions
2017 – Personal exhibition in the Museo Mecrì, Cataloge by Locarno, Switzerland
2015 – Personal exhibition in the Bank ARNER – Lugano
2015 – Personal Exhibition with thema “Face-leaf” in the Gallery Inauen, Mendrisio
2013 – Exhibition in the Art Gallery “Deep-art” – Lugano
2009 – Personal exhibition in the Gallery “Mosaico” – Chiasso
2005 – Personal exhibition in the art-space “Torchio” – Balerna

◆Selected group exhibitions
2017 – Invitation and exhibition in the Gallery Quarta, Ascona
2017 – Exhibition in the Town Hall of Riva San Vitale with the painter Dario Traversi, Cataloge
2011 – Collective exhibition with subject “The dream of fly” – Wettingen

◆Art in residence
2016 – Art in residence program, AZB, Arbeitsgemeinschaft Zürcher Bildhauer, Zürich
2004 – Salary of the fondation Landis&Gyr, artist in residence program in Zugo with final personal
2003 – Salary prize Unesco-Aschberg for a residence in the artistic center in Sobo-Badé, Sénègal
Symposium and Prizes

◆exhibition
2016 – 7. International Symposium, Koemuercueoglu, Denizli, Turkei
2015 – 6. Symposium, with thema “70 yeahr Peace”, Lasa (Italy)
2009 – Concourse Rotary, 2. Prize for the sculpture “Fresch water” organize for the bicycle championship – Mendrisio
2004 – Third prix and construction of the sculpture “Owl-guardian” for the park Serena in Lugano